【2019年2月更新】エックスサーバーでドメイン、サーバーを借りるやり方を図解【wordpress】

ブログ運営

どうもーーー!!!

ファイアー飯塚です

 

 

今回はエックスサーバーでドメイン、サーバーを借りるやり方を解説しやす!

またWordPressのインストール方法も併せて説明しやす!

 

飯塚
飯塚

このブログもエックスサーバーで運営してます
ワシも超初心者だったんで誰でもできまっせ

 

そもそもWordPressって何?サーバー、ドメインとは?って方はこちらからどうぞ

【超初心者用】WordPress、サーバー、ドメインとは何か?ざっくりと分かりやすく解説
WordPress、サーバー、ドメインとは何かを専門用語をなるべく使わず説明しました。超初心者向けです。これからブログを始めたい方必見

 

おおざっぱな流れ

  1. エックスサーバー で無料お試し期間10日申し込みする

  2. 料金を支払ってサーバー取得
  3. エックスサーバー でドメイン取得

  4. ドメインをサーバーに結び付ける

  5. サーバーにWordPressをインストールする 

スポンサーリンク

サーバーの申し込み方法

まずはエックスサーバーの申し込みをするぞ!以下のリンクから公式HPへGO

エックスサーバー

 

 


右にある「お申込みはこちら」のオレンジボタンをクリック

 

 

新規お申込みをクリック

 

飯塚
飯塚

お支払いまではお金発生しないから安心してケロ

 

 

必要事項を記入していく!

①のサーバーIDには好きなIDを入力 今後使うわけでもないので使用可能だったら何でもよかです

プランはX10をおすすめします 20,30は容量が大きいなどありますがX10で十分!

②には会員情報を入力

メールアドレスを入力して登録区分は個人でOK

 

飯塚
飯塚

何年もブログを運営している方もX10で十分とのこと

 

 

名前、住所、電話番号など記入していく

 

 

その下のインフォメーションメールの配信はチェック無しでいいと思う

契約更新の知らせとか大事なメールはちゃんと来るからワシはチェック外した

 

 

③利用規約ちゃんと読んで同意するにチェック入れてお申込内容の確認をクリック!

その後確認画面が出るので記入事項に誤りがない事を確認してお申し込みするをクリック!

 

飯塚
飯塚

この時点でもまだお金は発生しないから安心するンゴ

 

記入したメールアドレスにすぐお知らせメールが来るはず

来なかったら迷惑メールとか確認してみよう

 

 

【Xserver】■重要■ サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]

という題名のメールが来るかと思う

この時点ではまだサーバーのお金を払ってないので、試用期間となっている

試用期間は10日しかなく、ドメインの設定ができないので料金を支払おう

 

本文にインフォパネルとサーバーパネルの行き方が書いてるハズ

まずはインフォパネルのページに行きやす

 

 

エックスサーバーのアカウントゲットしたらインフォパネルサーバーパネルにいけるようになるんだ
この2つはこれからもずっと使うページだから名前覚えとこう!
インフォパネル・・・登録情報の確認変更や料金の支払いするトコロ
サーバーパネル・・・サーバーの詳細設定、wordpressのインストールなどするトコロ
まぁなんのこっちゃわからんと思うけどとりあえずこの2つがある事だけ覚えると良い

 

 

ログイン画面になるのでメールに記載されてる会員ID(もしくはメールアドレス)とパスワードでログイン

 

 

このページがインフォパネルになります

左の料金のお支払いをクリック

 

 

左にチェックを入れ、更新期間を選択

更新期間は好きなのを選んでくだされ

 

 

※補足

初期契約時お支払い料金はこんな感じ(2018年11月7日現在)

初期費用のキャンペーンがあってるから半額になってるね 普段は3000と思っていい

契約期間を長くすれば、月ごとの費用は安くなる

長く続くかわかんない。。。って人は3カ月とかから始めてみてもいいのでは?

 

 

更新時の料金はコチラ

同じく契約期間が長い方がお得になってる

飯塚
飯塚

契約期間は更新のタイミングで変えられる

 

 

更新期間を選んでお支払方法を選択したら購入完了

クレジットカード決済だとすぐに反映されてGOOD

 

 

ここまででサーバーの申し込みは完了!

次にドメインを申し込み、サーバーに関連付けやす!

ドメインを申し込み、サーバーと関連付ける

前章でサーバーを獲得したと思いやす!

てことで次はドメインを申し込み、サーバーと関連付けやしょう!

 

 

インフォパネルから追加の申し込みを選択

ドメインは基本有料です
しかし稀にエックスサーバーはドメインをプレゼントするキャンペーンを実施している時があります
キャンペーン中でしたらプレゼントドメインからドメインを取得しましょう

2019年4月26日までドメイン無料のキャンペーン実施中!

 
 

 

同意ンゴ

 

 

新規取得ンゴ

 

 

ドメインにしたい好きな英数字を入れよう

自分のブログのURLになるから慎重に!

なんか種類いっぱいあるけど普通に.comとか.netでいいと思いまっせ

入力したら検索をクリック 既にあるドメインじゃないかを調べる

 

 

この独自ドメインは入手可能です!って出たら申し込むボタンクリック!

 

 

お申し込み内容の確認をクリック

 

 

お申し込みする[確定]をクリック

 

 

この画面でたら次は料金のお支払いに進もう

 

 

左にチェックを入れて更新期間を選択

ドメインは1年単位ですな

サーバーの時と同じ要領でお支払方法を選択して支払っちゃってくだぱい!!

 

おっけー!ここまで来たらもう少しでゲス!

ドメインの申し込みができたのでサーバーに結び付けますぞ!

 

 

結び付けるためにはサーバーパネルに行きます

サーバー申し込み時に来たメール、

【Xserver】■重要■ サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]

の本文中からサーバーパネルに行くこともできるし、インフォパネル⇒契約情報からサーバーパネルに行くこともできる

 

 

サーバーパネルに行ったらドメイン設定をクリック

 

 

さっき取得したドメイン名を入力!

ここで注意だけど.comや.jpなど最後まで入力する事!

例:fire-iiduka.com   testtesttes.jp

「無料独自SSLを利用する」「高速化・アクセス数拡張~~」の欄はチェックしてて良いです

 

 

ドメイン名をしっかり確認できたら、確定をクリック!!

 

 

これで設定完了!!

君のブログのURLが完成したぞ!!

ただドメインの反映までは2日間ぐらいかかる事もあるから焦らずにな!!

お次はwordpressをインストールしよう!

 

飯塚
飯塚

ブログは始めるまでが大変だねぇ

wordpressをインストールする

ブログ書くためのツールであるwordpressをインストールするンゴ!

 

 

サーバーパネルの「WordPress簡単インストール」をクリック!

ほんでさっき取得したドメインを選ぶ

 

 

WordPressのインストールの必要事項を記入していこう

①インストールURLはさっき取得したドメインを選択するよ(図中A)

図中Bには自由に打ち込めるようになってると思うんやけども、空欄でよいでふ!

②はブログ名!君のブログ名を入れる!

③はユーザ名!WordPressの管理画面にログインするためのものだから入力したら覚えておいてね

④はパスワード!同じくWordPressの管理画面にログインするためのもの

⑤はメールアドレス!いつも使うやつでも何でもよい!

 

飯塚
飯塚

②、④、⑤は後で変更できるよ

 

⑥はキャッシュ自動削除!Onで良い!

⑦はデータベース!自動でデータベースを生成するにチェック!

入力終わったらインストール(確認)をクリック

 

 

内容を確認したらインストール(確定)をクリック!

これで君のサーバーにWordPressがインストールされた!!!よくやった!!

 

 

WordPressにログインしてみよう!

「WordPress簡単インストール」⇒インストール済みWordPress一覧からダッシュボードをクリック!

(もしくはhttp://自分のドメイン/wp-login.phpでログイン画面いける)

 

 

これがWordPressのログイン画面

先ほどWordPressをインストールした時に決めたユーザー名(またはメールアドレス)とパスワードを入力してログインだ!

 

 

お疲れ様です!WordPressのインストール方法は以上!!

まとめ

今回はエックスサーバーでドメイン、サーバーを取得し、WordPressインストール方法まで説明しやした

ここまできてやっとブログ運営のスタート地点に立てた感じですな

 

 

正直ちんぷんかんぷんな人もいると思う

大丈夫!俺もまだよくわかってねぇから!!笑

知識が無くてもできるのがWordPressの良いところだから大丈夫ですぞ

やってく内になんとなくわかってくるもんでふ

 

 

それではマタ!!!

 

エックスサーバー公式サイト

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました