iOSで画面録画した動画をimovieで編集すると実況音声が入らない場合における2つの対処法

youtube実況

どうもーーーー!!!

誕生日プレゼントは金が良いファイアー飯塚です

 

今回はiOSで画面録画した動画をimovieで編集すると実況音声が入らない場合の対処方法を記載します

だいぶ力技ですが困ってる方の参考になればと思いまっする!!

 

対処方法

①ボイスメモを使う

実況音声はボイスメモを使って別ファイルとして扱ってしまおうという対処方法です

やり方は簡単で、iOS画面録画中にボイスメモで音声も同時に撮ればよいのです

  • 画面録画した動画ファイル
  • ボイスメモによる実況音声ファイル

の2つを作る作戦

 

 

まず使いやすいように、画面録画機能とボイスメモの両方をコントロールセンター(画面を下から上にスワイプすると出てくる画面)に入れときましょう

 

設定 ⇒ コントロールセンター ⇒ コントロールをカスタマイズ

コントロールを使いで画面収録とボイスメモを追加しましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コントロールセンターにボタンが追加されます

①が画面録画②がボイスメモです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は画面録画機能に実況音声は入れないようにします

画面録画ボタンを長押しして、マイクオーディオはオフにしましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでで準備はできました

あとはボイスメモをしながら画面録画も同時に行います

ボイスメモスタート ⇒ 画面録画開始

 

実況動画の録画が終わったら保存をします

画面録画は写真ライブラリに保存されますが、実況音声はボイスメモのアプリに保存されるので注意

 

画面録画と実況音声をiMovieに持っていく作業をします

実況音声を録音したボイスメモを選択し、画像の赤丸のボタンを押します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iMovieにコピーを選択

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するとiMovieが起動するので、新規ムービーを作成を選択

 

 

 

 

 

 

 

 

 

録音したファイルがiMovieの編集画面に!

あとは画面録画した動画をiMovieの編集画面に持ってくるために左上の+を押して撮った動画を選択してください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで動画と音声が両方iMovieで編集できるようになりました

あとは音声を分割したりして動画に合うように上手く調整すれば完成です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多少めんどくさいやり方ですが実況音声を入れる事ができます

②iMovieで実況音声をアフレコする

音声なしの動画を先にとっておいて、音声は後から入れる作戦です

iMovieにはアフレコの機能があります

 

アフレコをするには、+を選択

 

 

 

 

 

 

 

 

アフレコを選択

 

 

 

 

 

 

 

 

 

準備ができましたと出たら録音を選択してアフレコを開始

 

 

 

 

 

 

 

 

この方法で一応実況音声は入れる事はできますが、リアルタイム実況ではなくなってしまうのが欠点です

 

スポンサーリンク

まとめ

ややめんどくさい方法ですが一応実況音声を入れて編集することは可能です

ちなみに私は①の方法で実況動画を撮ってました

 

飯塚
飯塚

iMovieで普通に編集できるようになってほしいですなぁ

 

わからないことがあったらコメントしてください!返信します!

それでは!

 

関連記事

iPhoneだけでyoutubeにゲーム実況動画を投稿する方法 imovieで実況音声が入らない場合の対処法は?
ゲーム実況したいけど高い機材を買うのは嫌だと言う人たくさんいると思います。そんな人のために機材を買わずにiPhoneだけで実況動画を作る方法を教えます。iMovieで実況音声が入らない場合の対処法も記載
俺が実際に行ってきたスマホゲーム実況のやり方
動画投稿を2年以上行ってきた私が行ってきたゲーム実況のやり方をまとめました。これからゲーム実況したいなーなんて思ってる方!ぜひ参考にしてください
いも大学生がゲーム実況でチャンネル登録者数2万人達成するまで 4話:ゲーム実況で月1万円稼ぐために必要な再生数
ゲーム実況で月1万円稼ぎたいぜ!って人多いと思います。月1万円達成したときの再生数やら登録者数を公開しますん

コメント

タイトルとURLをコピーしました